2014/10/14

【香川】ご当地パンを求めて〜マルキンパン〜

パン屋さん。
ってなんて良い響きなんでしょう。
焼きたてのパン。ふかふかの生地は、心も体も元気付けてくれるようです。


そんなパン屋さんの中でも、今日は「ご当地パン屋さん」のお話です。
ご当地パンとは、オリジナルの製造工程を持つ、地域に根付いたパン屋さんのこと。他じゃ絶対に食べることが出来ないパンに旅先で出会うと、大嬉しく思うものです。


そんなご当地パンが好きな友人に、極上ご当地パン屋さんに連れてってもらいました。




高松市内にある、マルキンパンです。

店内は昭和レトロな雰囲気で溢れています。


パン受けは、チューリップ型。か、かわいい。


丸いフォント、ステンドグラス。かわ、かわ、


かわいい〜〜!



店のおとうさんにお話を聞くと、お店自体は、もう50年程営業されているそう。
長く高松市内の学校給食を任されていたとのことで、その感謝状も掲げられています。


なるほど、子ども達を暖かく優しく見守って来られたんですね。



さて、マルキンパンの他と違う所は、このオリジナルのパッケージ。


昔から変わらないデザインで作りつづけています。んんんんたまらない。
よく見ると、マルキンパンのキャラクターも描かれています。

▲マルキンぼうや

そして、もはや芸術のようにも見える…


バラパン!!
最高にかわいい。全て買い占めたい!


きっと、高松出身の方は訪れるだけで懐かしさが溢れてくるのでしょう。
遠くから来たわたしも、なんだか懐かしくホッとすることができた、素晴らしいお店でした。

▲逆ロゴとマルキンぼうや



PS


結局こんなにも買ってしまいました。大人買い、サイコー。大人になって良かった。


マルキンパン(マルキン製パン工場)
760-0047 香川県高松市塩屋町8−4
http://goo.gl/maps/yINHK
7:00〜19:00
土日祝定休