2014/06/14

【大阪】心斎橋 人生の最後に食べるカレー 麓鳴館

大阪は心斎橋。
今日は珍スポの紹介ではありません。ここ最近で一番「ええ店」だった場所をご紹介します。

商店街から一本二本離れた所に、そのお店はあります。


こちら、麓鳴館といいます。著名人なんかがお忍びで良く来る、まぁ知る人ぞ知るというお店なのです。
ここの名物はカレー。カレーはカレーでも、他のカレーとはちょっと違う。
食べた皆が口を揃えて

「人生の最後に食べたいカレー」

と言うカレーなんだそう。




店員は、ママ一人だけ。もう40年近く営業されているとか。
弾き語りライブ等も行われているようです、なんかいい感じのレコードの音が流れています。



アールデコ調の装飾がされた店内は落ち着いた雰囲気です。
最初は純喫茶かと思っていましたが、ワインとビールをカレーのお供に飲むのがオススメだそうで、その定義からは外れますね。

さて、私もカレーとワインを注文してみます!



ママが作ったんだろう、手作りのコースターの上にワインが置かれます。
運ばれてきたカレーの上には、ほうれん草、ソーセージ、ジャガイモがゴロッと乗っかっています。

いただきまーす!



うめぇ〜〜〜〜〜〜!!

甘い!辛い!美味い!の三拍子。スプーン持つ手が止まりません。甘い、辛い、美味い、甘い、辛い、美味い、と呟きながらあっという間に食べ終わりました。スパイシーながら深みがある味!カレーの中にワインが入ってるからこんな風な味になるんですって。



というか、カレーも美味しいんだけど、何よりも何よりもここのママがめっちゃ優しくてお茶目!!
「これも食べてみて〜」といってママお手製のお惣菜を運んできてくれます。
色々話を聞いてる間にワインを入れてくれたんですが、「あっ、話してたらワイン入れ過ぎちゃった笑」と言ってフフフと笑うママ。

外の喧騒や日常の悩みを忘れるような、ママの優しい雰囲気に包まれていくような感じです。ゆったりとした時間が流れています。



人生のソムリエ達が つどい来て
食す道楽 最後のカレー

誰が書いたのやら、こんな一句が飾ってありました。
人生の最後に食べたい物、なんて考えたことなかったけど、ここでママと話しカレーを食べたあとに死ぬのは悪くない。
ママご馳走さまって言って、満腹の状態でそのまま死ぬのです。悪くない。
最後の晩餐は、カレーにしようか。



麓鳴舘(ろくめいかん)
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-3-12
電話:06-6241-9219
営業時間:お昼~22:00(要確認)