2014/02/04

愛知県 名古屋市 久国寺

愛知県の名古屋にある久国寺。
閑静な住宅街の中にあるここ、実はスンゴイところなのです。


境内に入ると右手に大きな鐘が見えます。この鐘が本当にスンゴイ。



スンゴイトゲトゲしてます。俺に触れたらケガするぜ…なんてレベルじゃない。死ぬ!

この鐘、実はかの有名な芸術家 岡本太郎氏の作品「歓喜の鐘」なのです。スンゴイ人来たー!
1960年に作成され奉納されたものなんですが、今でも圧倒的なスンゴイ力を感じますね。
この見た目だと、音もスンゴくてそりゃもう爆発だ!!爆発だ!!というくらい鳴り響きそうですが、そんなことありませんでした。
なんというか、自分の体の奥まで響く、深くていい音でした。これも計算されたものなんでしょうか。岡本太郎の作品の中で、視覚と聴覚に訴える作品はこれだけだと思います。



あと、ここにはもうひとつスンゴイことがありまして。
この像、誰の作品か分かりますか?


なんとかの有名な芸術家 浅野祥雲氏の作品ということらしいです!スンゴイ!
いや〜浅野祥雲氏といったら珍スポ界隈においてもはや神様のような人なのです。例えば、浅野祥雲氏が作った 桃太郎神社、関ヶ原ウォーランド、五色園は極上珍スポとして君臨し続けていますね。
この辺りの記事もそのうち上げて行こうと思います。

マイナーですがスンゴイ芸術に触れることができるスポットのお話でした。